ベビーに歯が生えてきたらとりわけ参るのがハミガキだ。
夫人が懸命にハミガキをしようとしても嫌がってしまってできないという悩みを抱えている人も多いだ。
ベビーがハミガキを嫌がる理由はいくつかあり、それによってやり方も違ってきます。
歯を磨くために笑顔でなく怒ったような面持で行ったりすると不安になります。
歯を磨く時折面白くリラックスしながら笑顔で接します。
今出来たことは可愛いことでも褒めてあげて、明日のプライドに繋げてあげます。
大きな口を開けることが出来た時や、泣かなかったケース、最後まで我慢して出来たケースなど何でもよいので笑顔で称えるとベビーもありがたくなります。
毎日のちっちゃなことを積み重ねて出向くため、少しずつ成長していくので諦めないで頑張っていきましょう。
他にもピクチャーブックやテレビジョンなどを利用するのも良しメソッドだ。
ハミガキのピクチャーブックやテレビジョンがあるのでそれを探るため期待も持ってくれて、大きくなってくるとディテールなども理解してくるので見た後に粛々と歯を磨かせていただけることが多くなります。
テレビジョンや教科書だと歯ブラシを与えると真似をして磨くようになったり、面白く磨けるので修行するときにもおすすめです。
放映時間に見られなくても収録などをしておいてから、寝る前に押し流すというのもよいです。
他にも、夫人の歯を磨いてほしいとお願いするのもおすすめです。
ベビーだと上手に出来ませんが、ゲンコツを添えて少しだけ真似事をさせてあげたりするとほんとに満足してもらえる。
その後に夫人がベビーの歯を磨くといって交換すると、意外に粛々と磨かせてくれたりします。
通常1年齢半分くらいから夫人やお父さんの物真似をしたがるようになるので、一緒にしたり、2人で向かい合って行ったり、鏡を一緒に見ながら行うのもよいです。
ベビーは夫人やお父さんが大好きです。
父母と児童の対話の一門としてハミガキを取り入れてみるのも一案だ。
不愉快がることではなく、面白い歳月とわかってもらえれば決して難しくなく磨くことも出来ます。
ブリアンとあなたの共存がこれからの人生を明るくしてくれます。