自分は毎年初夢を何より覚えていようというお正月から3日光ぐらいまでは気構えを張って眠るようにしています。なぜならそれ程しないと初夢に何を見たのか忘れてしまうことがあるからです。今年の心境は幸いにも覚えていました。なぜなら珍しい夢だったからです。自分は徹頭徹尾鳥獣が好きではないのも関係しているのかもしれませんが、鳥獣が出てくる心境はだいたい見ません。但し今年の心境は金魚の心境でした。大きな金魚が綺麗な水槽でひらひらといった泳いでいてそれはそれはいやに綺麗な容姿でした。心境占いで調べて見たところ大きく巨大な金魚の心境を見た試用、果報の開発を意味して要る。こうして全く立派で厳しい金魚が泳いできた時は、本当に大きな会心がめぐることの暗示です。そういった心境を見た時は、積極的に行動することでほかな形で会心を得られることができるそうです。こうして、見たこともないような大きな金魚が現れた心境であった場合は、自分自身の要望が良いことや大きな要望を抱えるという暗示があります。土台では叶わないようなことを望んでしまっているようです。こんな心境を見た時は、身近なことでも会心を得られる引き金は訪れていますので、要望や要望だけを追わずに土台を楽しむように努めることが大切だそうです。このように金魚の心境といってもいくつかの意味があるようです。自分の要望が大きすぎることがない的心を引き締めて今年通年も家中健康で幸せな一生ができるようにしていきたいです。歯の黄ばみを何とかしたい!コーヒー大好きな人は絶対に使ってほしいそんな歯磨き粉