エビはちゃんと用意した方がおいしく食べられるといいます。先日、自分としては思い切り手間をかけてエビを用意してエビチリを作りました。いつもより少々おいしかったような気がします。
その時にしたエビの取り扱いの方策はこんな感じです。
エビの殻をむきます。下部、爪楊枝として膨張ワタをとります。爪楊枝をぷちっと刺して、爪楊枝に膨張ワタをひっかけ巻き付けるようにして取ります。途中で膨張ワタが切れてしまったりして相当難しいです。完全に取り切れなくても気にしないように決める。
次にエビに片栗粉って塩を振ってもみます。なぜ片栗粉を振るのかよく分からないのですが、片栗粉がエビの臭みを取って買取るって複数の処方箋に書いてあったのでそういう効果があるのでしょう、多分。モミモミしたら面白く水で流して水分を切ります。この時、水が至って濁って感動上げる。水分はかなり切ったほうがよいので、キッチン用紙などでふき取るように決める。
次にエビに卵白を絡めて手でもみます。卵白が泡立つようにもむといった良しそうです。
最後にそこにサラダ油を入れて絡めます。これでエビのぷりぷり感が失われなくなるそうです。
いくつかの処方箋を見ましたが、およそ順序としては膨張ワタを加える、片栗粉を振ってもんでから水洗いをする、水分を下回る、卵白をもみ込むという感じで共通しているようです。
そういった順序を踏むという至って時間がかかるので、Offの夕ごはんなどじりじり時間があるときはしっかりした改変として、普段は簡略化してやろうと思います.あなたの幸せはマイナチュレが握っているといっても過言ではありません!