今更カミングアウトするのですが、
本当は今年のお正月は少々“うつ”の
ような不調でした。

本格的なうつ病とは違うのですが、
いわば楽しいことが見つけられず、
悶々とした日々を過ごしていました。

最初はいきさつが分からなかったのですが、
至極考えてみると、自分の心に
コアがなかったのです。

仕事やサービスの勉強に加え、ちっちゃな
副業もやっていたため、暮れにかけて
パンパンでした。

そんなわけで、知らない間に逆鱗が
滅入っていたのですね。

そのことに気づいて、年始からは
出来る限り人物に仕事を振りました。

探究も解消です。

そうしたら少しずつ、気持ちが楽になって
きたり、面白いと思えることが増えて
来ました。

些細なことではありますが、その時には
中断していた“食通の食べ駆け抜け”を、
最近は復活させていらっしゃる。

そういえば、方は世渡りの中で
知らない間に逆鱗を操作講じる
ことが多いそうです。

例えば、企業で非常識な通知を
言われたといった行なう。

本来は、腹が立って仕方がない
ところです。

しかし、ここでは大人の手当てを
しなければなりません。

そのときにどうするかというと、
人物はその胴が立つという内心を
無視する。

感じないようにするのだそうです。

そして、ぜんぜん方はそれが
適うのです。

「心労内心がなくなれば、それで好調じゃん!」
というかもしれませんが、本当はそれには
大きなトラップが存在するのです。

それは、「明るい・望ましい内心にも一気に
ふたをしてしまう所」です。

ですので、きつい企業に持ち堪えるって、
とあるときになんとなく「楽しいことって何だっけ?」
という状態になってしまうことも
あり得るのです。

諸君も、お気を付けください。10代にもできる首いぼの原因と予防法